淀川河川公園をおすすめする理由は、自分のレベルに合わせて距離設定が出来る点です。淀川は大阪を代表する河川の一つで、大阪・淀川マラソンや淀川寛平マラソンなどの各種マラソン大会の会場としても使用されています。

淀川河川敷は大阪から京都まで続いていることから、人によっては約20km以上の距離を走ることが可能です。淀川で開催されるマラソン大会に出場を検討している人にはおすすめの練習コースです。

初心者の人や決まったランニングコースを走りたいという人には、淀川河川公園が牧方・太間・大塚の3地区に設定したランニングコースがおすすめです。それぞれ距離が約1.2km、0.8km、1.6kmとなっています。どれも周回出来るコースのため、走る距離が設定しやすいです。

基本的に河川敷を走るため、信号はほとんどなく、走ることに集中出来ます。川が流れる様子や周辺の四季の変化を感じながら走れるのも淀川河川敷をおすすめする理由の一つです。

公式ホームページ:淀川河川公園