間違った認識と正しい姿勢の練習方法

あなたはスノーボードを滑る時の姿勢を間違った覚え方をしてませんか?どんな事をするにしても基本というのは大切です。特に姿勢というのは変な癖がつくとなかなか直すことが難しいく、変な癖がついてしまう前にしっかりと覚える必要があります。
基本の姿勢ができていないときちんと滑ることもできません。きちんと滑ることができないと、トリックの練習をしてもなかなか上達することもできないでしょう。ただ、基本姿勢をわかってるという人も間違った覚え方をしている人もいるので、今回しっかりと覚えてもらえるように解説していきます。今回はレギュラースタンス基準の記事内容になってますので、グーフィーの人は左右反対に考えるようにして下さい。

間違った基本姿勢とは?

ボードのセンターを勘違いしている‼

正しい基本姿勢を解説して行く前に、まずは間違った基本姿勢というのを説明していこうと思います。スノーボードの基本姿勢というと「ボードのセンターに乗る」ということを聞いたことがあると思います。ただ、この言葉は勘違いされやすく、単純にボードのセンターに乗っていればそれでいいと思っている人が多いです。単純にボードのセンターに乗ると言うと、上に貼ってある画像のようになっていればいいと思っている人が多いです。この姿勢が間違っているかと言われると、斜度のない平地での基本姿勢はこの姿勢で間違いないんですが、スノーボードは斜度があるからこそ滑ることのできる遊びです。

間違った基本姿勢で滑るとどうなる?

先ほど説明した基本姿勢だとボードのセンターには乗れてるけど、斜度のあるところの場合は雪面に対して前のめりな体勢になります。前のめりな体勢のまま滑ってしまうとノーズが雪面に詰まってしまって、前に転倒してしまいます。

なぜボードのセンターに乗ると言われてるのか?

単純にボードのセンターに乗るだけだと前のめりになってしまう体勢なのに、なぜボードのセンターに乗ると言われているのでしょうか?それは、先ほども説明したように前のめりな体勢でそのまま滑ってしまうとノーズが雪面に詰まってしまって前に転倒してしまう事になります。逆に体勢が後傾になってしまうと前足での抑え込みがしづらくなって、板を操作しづらくなってしまいます。そうならないために言葉で説明すると「ボードのセンターに乗る」と言う表現になるからでしょう。では、正しい基本姿勢というのはどのような姿勢なのでしょうか?

正しい基本姿勢を覚えよう

スノーボードの正しい基本姿勢とは斜面に対して前のめりになっていなくて、前足での抑え込みがしやすい体勢です。それはどのような体勢なのかを順を追って説明していきます。ゲレンデに行かなくても家でできるので、しっかりと覚えるようにしましょう。

自分のスタンスくらいに足を開く


まずは自分がスノーボードを滑る時のスタンスくらいに足を開きます。実際にスノーボードのブーツを履いて、板を付けてやったほうがわかりやすいです。

顔を進行方向に向ける


顔と目線は進行方向を向けましょう。足元を確認することがあると思いますが、確認した後は必ず進行方向に顔と目線を戻しましょう。

胸は前足と同じ方向を向く


自分の胸を前足のつま先が向いてる方向と平行になるように向けます。胸を向けると自然と腰もついてきて、前足のつま先が向いてる方向と平行になるように向いてくれます。

膝を軽く曲げて腰を落とす


膝が伸びたままになってしまうと板を力強く踏み込むことができません。なので、膝を軽く曲げて腰を落として重心を低くするようにしましょう。

頭の位置はボードのセンター


腰を落として重心を低くする時は腰を曲げて重心を低くするのではなく、膝を曲げて腰は真下に落とすように重心を低くしてください。この時、正面から見て頭はボードのセンターに来るようにしましょう。

後ろ足に少しだけ重心をずらす


斜面を滑る時に前のめりにならないように後ろ足に少しだけ重心をずらします。斜面の斜度などによって変わりますが「後ろ足6割」「前足4割」くらいの割合がちょうどいいでしょう。この時、後ろ足の膝を少しだけ内側に入れる感じにします。

上半身を前足側にかぶせる


後ろ足に重心をずらしたままでは滑る時に後傾になってしまうので、後ろ足に重心をずらした分だけ上半身を前足側にかぶせます。そうすることによって後傾にもならず、前足で板を抑え込むこともできます。

手の位置は腰の前くらい


両方のヒジを軽く曲げて力を抜いてリラックスした状態にして、右手は右の腰の前くらいに持っていき、左手は左の腰の前くらいに持っていきます。手のひらは握っていても開いていても好きなようにしてもらって大丈夫です。ただ、握りすぎても開きすぎてもちょっとおかしい感じになってしまうので、軽く握ってるくらいがちょうどいいでしょう。家で練習する時は鏡で確認しながら練習するといいでしょう。

ワンポイントアドバイス

基本姿勢はスノーボードを滑るのに一番大事な技術になりますので、しっかりと覚えるようにしましょう。基本姿勢をしっかり覚えたら、次の順番で、転び方片足スケーティングワンフット横滑り(サイドスリップ)を覚えましょう。