ワンフット直滑降とワンフットでの停止

片足スケーティングができるようになったら、今度は斜面。と言っても超なだらかで自然停止できるようなところで、ワンフット直滑降とワンフットでの停止の練習をしてみましょう。
ワンフット直滑降とは、前足だけバインディングを付けて、後ろ足は外している状態。そこから、後ろ足を板に乗せて真っ直ぐ滑らすことです。片足スケーティングでは、平らなところを動き回るスケーティングでしたが、今回は緩い斜面から自然に停止できる場所を選んで行います。スノーボーダーに欠かせない、正しい姿勢を保つ大事な練習です。曲がり方を覚える前に、真っ直ぐ滑ることを覚えましょう。きれいに真っ直ぐ滑れるようになれば、曲がり方も早く覚えられます。

右足を下ろした基本姿勢になる

右足はスノーボードの前に下ろした状態で基本姿勢になります。(右足以外は基本姿勢。)スノーボードは斜面に対して真っ直ぐにしておきます。
滑る方向ををしっかり見て、目線が下がらないように(足下を見ないように)注意してください。滑る方向にある木や建物を目標にして見るとやりやすいです。この時点で、腹筋、背筋、左脚全体(左足、左膝、左太もも)に軽く力を入れて固定しておいてください。固定できていないと、この後の動きが不安定になりやすいです。

右足をスノーボードの上に乗せる

右足以外(目線、上半身、左脚)を固定したまま、右足をバインディングとバインディングの間に乗せます。思い切って左足に体重を乗せながら、右足をスノーボードに乗せるとやりやすいです。右足に体重が残っていると、体が遅れたり、スノーボードが変な方向を向いてしまって上手く滑れません。このとき、右足を乗せる場所が気になるかもしれませんが、目線は進行方向を見たままにしてください。足下を見るとバランスを崩す原因になります。また、右足は出来るだけ右バインディングに近い場所に置いた方が(出来るだけ足を開いた方が)、安定します。

基本姿勢になる

右足をバインディングとバインディングの間に乗せた後は、基本姿勢になります。両足に均等に体重を乗せて、目線の向き、姿勢を確認してください。

基本姿勢のまま少し滑る

スピードを付け過ぎないように注意してください。ゆっくりのスピードで十分です。

止まる

斜度がなくなる場所を選べば、勝手に止まります。勝手に止まらないときは、右足を下ろしてとまります。スピードが早くなると右足を下ろして怪我する可能性があるので、スピードを出しすぎないように注意してください。

ヒールサイド(カカト側)のワンフット・ターンで停止

次に、ワンフットから直滑降してターンして停止します。前に紹介したワンフットは真っ直ぐに進んで自然停止を待っていただけだけど、今回は自分からターンして停止するというテクニックになります。これができれば、ターンもうまくできるようになるし、リフトで降りる時もコントロールできるようになります。初心者にとっては難しいテクニックだけど、今回もハウツーをしっかりと押さえておけば、きっとできるようになるでしょう。

 

  1. 上体を起こした姿勢のまま、後ろ足を乗せます。
  2. ボードの真ん中に乗って、良い姿勢のまま真っ直ぐ滑り降りましょう。
  3. つま先を上げて、前足のカカト側に徐々に重心をかけていきます。肩も徐々に進む方向に回していきましょう。
  4. 最後は両足のカカトに体重を乗せて停止。

ヒールサイドうまくいくコツ
前(足)のつま先を胸の方に引き上げるようにして、カカト側でしっかりとエッジング(エッジを立てる)するようにしましょう。

トゥサイド(つま先側)のワンフット・ターンで停止

ワンフットでつま先側に回って停止することは、カカト側よりも苦手な初心者が多いです。ここで伝えるコツなどを事前にしっかりと覚えておき、実践してみましょう。

  1. 板の先を進む方向へしっかりと向けて、準備開始!
  2. そのままちょこんと後ろ足を乗せて、進み始めましょう。
  3. 徐々につま先側に体重の乗せるように。急に曲がろうとすると失敗の元です。
  4. 目線を曲がる方向へ、肩も回していきましょう。上体を内側に倒さないよう、起こしたまま回すことが肝心。
  5. 最後は両つま先に均等へエッジング(エッジを立てる)すると止まるよ。

トゥサイドうまくいくコツ
前(足)の脛を雪面に押し付けるように、足首とヒザをしっかりと曲げるようにします。すると、つま先にしっかりと体重が掛かって、うまくエッジングができるようになります。

安全なリフトの乗り方・降り方【初心者向け】HOW TO 動画

安全なリフトの降り方【初心者向け】HOW TO 動画