スノーボードでいうスケーティングとは、前足だけバインディングを付けて、後ろ足は外している状態で滑ることです。そこから、平らなところを動き回ることを言います。まるでスケートボーダーのようにスイスイできるようにトライしましょう。

片足スケーティングの滑り方

リラックスして立ちましょう。しっかりと進む方向を見ること。決して、足元など目線が下がらないように。目線の先行はバランスを保つ鍵です。やや前足に体重をかけるようにしながら、後ろ足で蹴りましょう。後ろの足をバインディングとバインディングに乗せます。後ろの手をテールの方に置くようにすると、自然なスタンスを保てます。逆に後ろの手が前に出ると、上半身と下半身が捻じれて、ボードがうまく真っ直ぐに進めなくなります。気を付けて下さい!

蹴る足はバインの後ろがオススメ!

スケーティングをする時、蹴る方の足はビンンディングの前に蹴る方法(以下、写真左側)と、バインディングの後ろで蹴る方法(以下、写真右側)の2種類があります。

慣れてくれば、どちらでもスムースに真っ直ぐ板が進むように蹴れるのだけど、左側のビンデインングの前で蹴る方法は、上半身と下半身が捻じれた格好になるので、うまく真っ直ぐに蹴れないという方が多いようです。だから、右側のビンデインングの後ろ側の蹴る方法がオススメです。うまいライダーさんは、だいたいこのスタイルです。